言葉を大切にしながら、言葉にこだわらない。

「言葉」を大切にしながら、「言葉」にこだわらない。

言葉には、【言霊】が、あるという。
【言葉】には魂があって、使っている【言葉】を変えるとどんどん人は変わっていく。
その【言葉】で、人が勇気づけられ、元気になることもあるし、
逆に、勇気を無くし、落ち込むこともある。

だから、使う【言葉】にこだわる。

私も講座の中で、
マイナスの言葉ではなく。
プラスの言葉を使いましょう。

という話をする。

でも、一方でこんなことを考えたりもする。
【言葉】も大切だけど、【言葉にこだわらない】ことも大切だなと。

有名なセリフで、ブルースリーの
【考えるな感じろ】

【言葉】よりも、なにものにも【とらわれない心】

を持つことも大切だな~と思うことが最近よくあります。
【言葉】にとらわれ過ぎないこと。

例えば、マイナスの言葉ではなく。
プラスの言葉を使いましょう。

と言っても。この言葉にとらわれ過ぎてしまうことで。
【マイナスの言葉】が悪者になってしまう。

たしかに【言葉】は大切ですが。
【言葉】にはその裏にある【意識】が存在していると思います。
その【言葉】の裏にある【意識】こそが、実が、大切だと思うのです。

例えば、
【マイナスの言葉】

色々あると思いますが例えば【出来ない。無理】という言葉。
これは、マイナス言葉ですよね。

この言葉に対して自分が、どのように【意識】をもっているかで、
その言葉の意味合いが変わってくる。ということです。

『【出来ない。無理】は、マイナス言葉だから、
これは絶体に使ってはいけない。
そして、そう思ってはいけません。』

こんなことを、真に受けてしまったら。
どうなるでしょう。

『私は、どんなことでもできる』
『思えば、すべての願いがかなうんだ』

例えば、プラス思考が発展して、
こんな風に考えていくようになるかもしれません。

しかし、私は、むしろ【出来ないことがある】
ということを、ちゃん知っていることも【自分は何でもできる】
という思考を持つことと同じぐらい大切だなと思っています。

大切というより、私はそう考えた方が、
とっても生きやすいと思っています。

そして、
【出来ない】ことがあると認めることで、
実は、無限に広がる可能性をひきつけ。
出来ないと思ったことも出来るようになる。

そんなことが沢山あるんじゃないかな~と思っています。

とっても矛盾していますが。

簡単に言うと。
【1人で出来ないことも、みんなでやれば出来る】です。

なんでも出来ると思っている人は、
全てのことを、一人で抱えてしまう可能性があります。

しかし、【出来ないこと】を認めている人は、
人に任したり、人を頼りにすることができるかもしれません。

そうすることで、1人ではとても成し遂げることができないことも。
皆でやることで、大きなことが成し遂げることができるのだと思います。

ということは。
【出来ない】という言葉も、その人にとっては、
けしてマイナスのことでは、なくなるのです。

むしろ、その言葉から、大きなプラスの発想が
生まれてくることもあります。

だからこそ。
マイナス言葉からプラスの言葉に
変えていくことが大切である一方で、その言葉に、
「とらわれない」ことも大切だなと思いました。

最近。

私の娘(小学2年生)に、「臭い」と言われました。

・・・・そんな言葉に、「とらわれることなく。」

娘から父への愛情表現だと受け止めています・・・・。

Follow me!