第41回越谷大家塾(6/1)募集開始!!

第41回 越谷大家塾  2019年6月1日(土) 15:00~
【20ステップで、ペット可物件の不安が自信に変わる 】ルールづくり入門セミナー

講師:大友 哲哉
場所:〒343-0843 埼玉県越谷市蒲生茜町19−1 
   最寄駅:東武スカイツリーライン線 蒲生駅 徒歩1分
当コミュニティで、無断の営業は禁止となります。

↓↓↓↓ ↓↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓
<詳細及びお申込みはこちら> 
↑↑↑↑↑↑ ↑↑↑↑↑↑↑↑

今、ペット市場があつい!

ペット業界の市場は約1兆5000億円せまり、ここ5年ほどは毎年1%~2%の成長を見せており、市場は拡大傾向を維持している。

私が、子供の頃も犬を飼っていました。
一軒家の庭に犬小屋を置いて、小型犬で見た目はすごく可愛いのですが、すごく吠える犬で走り出すと止まらなかったのを思い出します

知らない人がくるとすぐ吠えるので、番犬としては優秀だったと思います。(笑)

子供の頃に、親に怒られた時。
外に追い出されたて、その犬と一緒に泣いたこともありました。

長い間一緒にいるとペットから家族になっていくんですね。

ペットの飼い方が変わる?

それでも、私が子供のころは、ペットを飼うというと、一軒家で、庭で飼うというのが、主流で、ファミリーがペットを飼うということが、多かったと思います。

しかし、今ペットを飼う人は、そうではなく。
室内で、しかも単身者が飼う人が増えているそうです。

そうすると、昔以上に家族として、
いや、自分の子供のようにペットを育てる
人が増えていっているのだと思います。

実際にペットショップを見ると昔と違って、細やかなものまで商品がほんと充実しています。

そう言った意味では、ペットといっても市場の捉え方は、どんどん変わっていっているのだと思います。

しかし、ペットを飼いたいと考えている世帯に対して、そうしたペットが飼える物件が少ないということもあり、ここの潜在需要をまだ賃貸市場は取りれることが出来ていないのではないかなと思います。

潜在顧客を掘り起こして空室を埋めよう!

とはいえ、ペットが飼える賃貸住宅にするといっても、様々な不安がつきものですよね。

例えば、こんなことが考えられるわけです。

1.4大トラブル(鳴き声や吠え声・フンや尿・ゴミ処理・抜け毛)が発生する可能性がある。
2.室内や共用部分に、爪や歯によるキズがついたり匂いがついたりする可能性がある。
3.原状回復が高額になったり、その範囲が問題になったり、トラブルになる可能性がある。

でも、もし、こうしたデメリットを打ち消すことが出来たらどうでしょうか?

今回の講師は

講師:大友 哲哉 
東京大家塾主宰
J-REC公認不動産コンサルタント
一般財団法人日本不動産コミュニティー(資格認定団体)理事

私が、不動産投資を始めたきっかけ。
不動産で独立しようと思ったきっかけが、このJーRECで行なっている不動産実務検定という資格です。

ただの資格と思って侮らないでください。
ここには、不動産「実務」のほぼ全てのポイントを網羅したノウハウがぎゅうぎゅうに詰められています。

私が、不動産の営業マンとして5年目の時、不動産のことはなんとなくわかってきたつもりになっていた時。
このテキストをみて、何も知らない自分を思い知りました。

今回の講師は、私が不動産の師事を仰いだJーRECの理事である大友哲也講師をお呼びします。

まさに不動産のプロ中のプロの方です。
なかなか越谷にお呼び出来る機会がないかと思いますので、
是非この機会に、沢山のかたにご参加頂けたら嬉しいです。

どのようなことがわかるのか?

犬イメージ
  1. 空室対策の1つとしてのペット可物件に必要な書類がわかる
  2. 入居審査に必要なチェック項目がわかる
  3. ペット「可」「対応型」「共生型」の違いがわかる
  4. 家賃を上げてはいけないことがわかる
  5. ペット市場の基本がわかる
  6. ペット特有のトラブル事例と対応方法がわかる
  7. ペット物件の経営上の失敗原因がわかる
  8. ペット用設備の導入の考え方がわかる
  9. 原状回復でトラブルにならない方法がわかる

その結果、次のような効果を得られます。

子猫のイメージ
  1. リスク管理をした上でペット可物件にすることで空室対策になる
  2. ●●●を値上げすることで利回りを上げられるようになる
  3. 長期入居化が期待できるので満室安定経営ができる

もし、管理会社にペット飼養細則のテンプレートすらないなら、ペット物件の運営ノウハウはないと言っていいでしょう。そうなると、トラブルには受け身で対応することになるので、対応が後手後手にまわり、小さなトラブルが大きなトラブルに発展する恐れもあります。そして、最終的なリスクを負うのは大家さん、あなたなのです。今回のセミナーを受講することで、自分でリスク管理できる実務能力をマスターしましょう!!

↓↓↓↓ ↓↓↓↓ ↓↓↓ ↓↓
<詳細及びお申込みはこちら> 
↑↑↑↑↑↑ ↑↑↑↑↑↑↑↑

Follow me!